どうも!よこけんです!

 

今日は皆さんもお悩みの

「知的財産権」侵害商品を見つける方法

をお伝えしたいと思います!

 

 

例をあげると、、、

 

テサラン(モノレート)

ヤフオク

メルカリ

 

ゼロファクター(モノレート)

ヤフオク

メルカリ

 

 

 

<見分け方>

 

1.出品者数

 

・増減に注目

→商品が売れている数以上に不自然に増減していないか

 

テサラン↓

 

ゼロファクター↓

 

 

・出品者1が続いている

→1人の出品者がずっと販売している

 

テサラン↓

 

 

 

2.出品者を確認する

 

・メーカーが販売している

 

→出品者の販売商品を見る

→同一メーカーの商品のみを扱っていないか

→出品者名で判断出来ない場合は、出品者名(会社名)をググる

 

 

上記2点から推察すると、

出品者が増える

→メーカーから注意を受ける

→出品を取り下げる

が繰り返されているな、と読み取ることができます^^;

 

 

 

あと、↓を見るとモノレートユーザーが400人近く増えていますよね。

これはたぶん情報発信者が商品を紹介したのではないかと思いますが

 

これもその後、出品者が増えてはメーカーに怒られ

出品を取り下げる、を繰り返している様子が見受けられます。

 

 

 

ヤフオクやメルカリで出品&売切れが多いのに

amazonでは出品者が少ない(1or1桁)の商品も

注意する必要があるでしょう。

 

 

 

僕も過去に怒られたメーカーや仲間から聞いた情報を

リストにまとめていますので、「リストが欲しい!」という方がいましたら

↓LINE@からご連絡ください^^

 

 

文章だけではわかりづらいかと思うので

動画を用意しています。

よろしければご覧ください★


LINE@友達追加は下のバナーをクリック!

友だち追加

質問、相談受け付け中!気軽に追加ください♪

 

せどりの無料講座への登録は下の画像をクリック。

期間限定で無料特典がもらえます。

     ↓ ↓ ↓

banner-22-26-57-001  

一日一生。やればできる!

最後まで読んでいただきありがとうございました。