どうも!よこけんです!

 

 

今日は巷で話題になっている

「amazon 新品商品取扱に関する規約変更」について

僕自身の意見や集めた情報をシェアしたいと思います。

 

 

★『新品』として出品禁止の商品

 

①個人(個人事業主を除く)から仕入れられた商品

 

②メーカーが提供する保証がある場合、保証期間その他の条件において、

メーカーの正規販売店と同等のメーカー保証を購入者が受けられない商品

 

③amazon上(amazonマーケットプレイスを含む)で仕入れられた商品

 

今回は新たに上記3つが禁止商品の対象になりました。

 

 

【①について】

 

個人(ヤフオク・フリマ等)から仕入れできない?

→個人事業主からは仕入れできる

 

ヤフオク・フリマ等では結構業者が多いです^^

 

「個人の不用品」としては考えられない量の

出品をしていたり、同じような商品を出品している人なんかがそうですね。

 

→請求書を発行してもらえるところを開拓して行きましょう

 

 

 

【②について】

 

これは当たり前と言えば、当たり前ですね。

本来なら保証期間が1年あるはずなのに

購入してみたら「保証期間が残り半年」なんて

新品とは言えませんよね。

 

 

【③について】

 

→amazon刈り取りができない?

 

うまくやればわからないんじゃないか、

と思われるかもしれませんが

amazonのシステムやアカウントスペシャリストは凄いですよ!

ちょっとしたところから紐付けされちゃいます^^;

悪いことは言わないので無理しないでください。

 

 

 

★規約違反すると即停止になるのか?

 

で、皆さんの気になるのが↑ですよね。

 

僕が周りから聞いた話では

「今のところ、各セラーにメールで直接連絡が来ているわけではない」

ということです。

→現状、知らずに出品している可能性はありますよね。

 

そこで、知り合いがamazonに確認

→即アカウント停止には考えにくい。

注意されても対応がない(必要書類提出・出品の取り下げ)状況が

継続すると停止になる可能性は考えられる。

 

 

★今後はどうして行くべきか

 

・中古や他の販路も視野に入れる。

 

・今回の規制に関しては実は抜け道もある

→ここで大々的に言えないので個人的に

LINE@↓からご連絡ください^^

 


LINE@友達追加は下のバナーをクリック!

友だち追加

質問、相談受け付け中!気軽に追加ください♪

 

せどりの無料講座への登録は下の画像をクリック。

期間限定で無料特典がもらえます。

     ↓ ↓ ↓

banner-22-26-57-001  

一日一生。やればできる!

最後まで読んでいただきありがとうございました。